ブログタイトル

衝撃Σ(゚д゚lll) 棟板金を開けたら。。。

先日、棟交換工事の現場で、衝撃的な場面がありました。

板金を外したら棟木が腐食していた・・・なんてことは、経年劣化によってはよくある話。

しかし今回は板金を開ける前から

棟板金 不良施工

このようにコーキングで全て埋めてしまっている状態。

上の重ねじろ部分やビスの周りならわかりますが、板金とスレート屋根の間も埋めてしまっています。

本来この隙間というのは、経年劣化や自然災害により浮いてきた釘の隙間などから入り込んだ水をうまく逃がしていくための隙間なのです。なのでここを埋めてしまうと、入り込んだ水を中の棟木が吸い込み、著しく腐食するスピードを上げていきます。

それがなんとこちらの屋根では、一箇所だけでなくほぼ全部がコーキングで埋められています。

そしてこの棟板金を捲ったところ

予想通り、水のまわっている部分もありました。

一部は、以前棟木を交換したようです。

そして衝撃的事実!!

こちらの棟木は接着剤でくっついています。このように下から剥ぐっていくしかありません。

ちなみに普通は、

このように釘を抜いていけば一枚づつ外すことができます。

しかし今回は何箇所か接着剤のようなもので貼り付けてある状態でした。そして施主様のお話によりますと、以前補修を依頼したのは工務店だったとのこと。工務店さんてこんなずさんな工事をするのかと、正直ビックリです!!

既存の屋根材を、割らないように慎重に剥がしていくしかありません。

少しずつ丁寧な作業が続きます。

結局一緒に剥がれてしまい割れの発生した瓦もあります。こちらは弊社の在庫で差し替えをいたしました。

この後も、年月とともに硬~くなってしまった厄介なコーキングをカッターで切り落としていくという地道な作業が続きます。これは職人さん泣かせです(´・ω・`) が、ここでしっかり平らにしておかないと、交換する新しい棟板金がカタカタと浮いてしまうのです。

今回の事例のように、補修をしてもらったから棟交換してもらったからと安心できません。

工事を依頼する際は工事内容を納得いくまで説明を受けるとともに、施工写真を残してもらうことが大切です(*´ω`*)b”

 

八王子市・日野市の方、屋根外壁塗装のお悩み解決します。

地域密着のプロタイムズ八王子店

戸舘でした。

全国100店舗以上|プロタイムズは安心の屋根・外壁リフォームをご提供する全国組織です。|安心・安全・高品質・全国組織

お問い合わせ・ご相談・無料お見積りはお気軽に!!